読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EROC CS:GO blog

主にCSGOについて書きます

autoexecの作り方

CSGOを始めるにあたって必ずしなければいけないことがあります。

それはautoexecを作ることです。

CSGOを始めたての方は、わからない方もいるかもしれませんが

CSGOにはゲーム内の設定のほかにconfigという設定ファイルがあり、

それにコマンドを追加したり、数値を弄ったりすると設定することができます。

今から説明するautoexecというのは絶対に作ってほしいファイルのことです。

では詳しく説明していきます。

 

 

作り方はまずデスクトップ上で右クリックを押し

新規作成→テキストドキュメントで新しいテキストドキュメントを作ります。

f:id:eroccsgo:20161215194401j:plain

次のこのファイル名をautoexecに変えてください。

(このとき「新しいテキストドキュメント.txtとなっている場合はファイル名を

 autoexec.cfgに変える。)

 

拡張子が表示されてない場合はまず表示させます。(Windows10の場合)

表示のさせかたはまずエクスプローラーを開いて(開く場所はどこでも大丈夫です)

上の「ホーム」、「共有」、「表示」の「表示」をクリック

f:id:eroccsgo:20161215195153p:plain

 

次にファイル名拡張子にチェックをいれます

f:id:eroccsgo:20161215195248p:plain

 

そうすると名前のあとに.cfgが新たに表示されました。

f:id:eroccsgo:20161215195315p:plain

 

そして最初に作ったnadeのテキストファイルの名前がautoexec.txtと

なっているはずです。

 .cfgや.txtは拡張子と呼ばれるもので(詳しい説明は割愛)

今回はconfigを作るために.cfgの形式にしなければなりません。

なのでファイルの名前を「autoexec.txt」から「autoexec.cfg」に変えましょう。

そうすると警告が出てくると思うので「はい」を選びます。

そうすると、アイコンが変わったと思います。

こう変わったら成功です。

f:id:eroccsgo:20161215214653j:plain

 

次に作ったautoexec.cfgに次の分をコピペして下さい

 

cl_interp "0"
cl_interp_ratio "1"
cl_cmdrate "128"
cl_updaterate "128"
rate "786432
fps_max "0"
host_writeconfig

 

コピペしたら一度閉じてください。

次にこのファイルを

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Counter-Strike Global Offensive\csgo\cfg

に移動させます。

これで最低限の設定は終わりです。

fps_max」はfpsの上限を決めるコマンドで自分のPCと相談してください。

多いのが0、200、300、999だと思います。(たぶん)

個人的にautoexecに書くのは先述した設定とaliasなどの

設定などだけでいいと思います。

bindなどや細かい設定は

C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\67117465\730\local\cfg

になるconfig.cfgを編集するのがおすすめです。(プロもこれが多いです、たぶん)

aliasやbindの説明についてはまた別の記事でします。

 

この記事はCSGO-School(仮)を作るための

礎のつもりで書きました。

なので、何か不備がありましたら教えて頂けるとうれしいです。

よろしくお願いします。