EROC CS:GO blog

主にCSGOについて書きます

1stラウンドをとりやすくするには

マネーシステムが採用されているCS:GOにおいて1stラウンドは非常に重要です。

1stラウンドをとることにより、2nd,3rdラウンドは相手と武器差が出て、

ラウンドが取りやすくなります。

おそらく、GlockやUSPが得意な選手が複数いるチームは必然的に1stラウンドの勝率は

高いでしょう。

ですが、ピストルでの撃ち合いがどうしても苦手なプレイヤーもいると思うので、

そういったプレイヤーが、どうすればチームに貢献できるかという話をします。

(もちろん今から書くことは撃ち合いが苦手なプレイヤーだけすればいいという

 ものではないです)

 

まず、1stラウンドで重要なのは、簡単にヘッドショットをもらわないことです。

T側で考えると、遠距離での勝負においては圧倒的にCT側の持っているUSPや

P2000のほうが有利です。

普通に打ち合おうとしても、まず勝てないでしょう。

 

例えばmirageのmidでの勝負だとCTの窓守りはハイミッドから出てくる相手の

頭を狙っているでしょう。

このとき横移動で出てもUSPを持っている窓のほうが有利です。

(決め打ちするなどの対策はありますが武器的に)

f:id:eroccsgo:20161223170752j:plain

 

そのときおすすめなのが一番最初に出るプレイヤーがジャンプしながら出ることです。

下の画像のようにジャンプしながら出て来れられるとヘッドショットどころか、

体に弾を当てることすら難しくなります。

f:id:eroccsgo:20161223171053j:plain

 

このように先頭がジャンプして出ることにより簡単にヘッドショットされないどころか

これに窓のプレイヤーが反応すればAIMがずれることにより、2番目3番目に出てくる

味方が窓のプレイヤーを殺しやすくなります。

 

Aトンから出るときもジャンプすることにより、似たような効果が得られます。

f:id:eroccsgo:20161223171718j:plain

 

このように、ピストルでの撃ち合いが苦手なプレイヤーでも、

チームに貢献することができます。

 

また、ピストルの撃ち合いにおいてはしゃがみを多用して撃つことにより、

頭の位置をずらしてヘッドショットをされにくいように動くこともできます。

これはまた別の記事で説明します。