EROC CS:GO blog

主にCSGOについて書きます

CS:GO国内最大の大会 GALLERIA GAMEMASTER CUPプレイオフ進出4チームの紹介

 こんばんは!先日行われたGALLERIA GAMEMATER CUPの

レイオフ進出チームを決める予選でday1 準優勝、day2 Best4、day3 準優勝、

day4 一回戦敗退だったAntithese所属のEROCといいます。

 

 まず最初に、GALLERIA GAMEMASTER CUP(以下GGC)とは、

日本のeスポーツプレイヤーの人口拡大と世界を目指すeスポーツプレイヤーの

育成支援を目的とした世界と繋がるe-スポーツ大会で

GGC 2018はCS:GOの世界大会である「ZOWIE eXTREMELAND CS:GO

ASIA 2018」、「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ(通称:IeSF)」へ

優勝チームを送り出す大会です。

(「https://gamemastercup.diginnos.co.jp/?page_id=720」より引用)

f:id:eroccsgo:20180917225240j:plain

 

 そして今回は、そのGGCのプレイオフへと見事駒を進めた、

Day1優勝 Ignis、Day2優勝 Reign In Gaming(以下文中ではRIG)

Day3優勝 SCARZ Absolute(以下文中ではSZ Abs)、

Day4優勝 TeamDWFN(以下文中ではDWFN)

以上4チームの紹介をしたいと思います。

この記事を読んでGGCプレイオフ観戦を楽しんでもらえると嬉しいです。

では紹介していきます。

 

Day1優勝 Ignis

f:id:eroccsgo:20180917225141j:plain

メンバー(敬称略。また、かっこ内はRoleです。違ったらすみません)

・Hornet(IGL/AWPer)

・sen(Support/2nd AWP)

・neth(Lurker)

・oitaN(2nd Entry)

・RIPablo(Entry)

・清水都也(sub)

 

 注目のDay1を制したのはIgnisです。

勝戦までの試合は僅差で勝ち上がりましたが、

決勝ではDay1優勝候補本命だったSZ Absを下したAntithese(自慢)を

16-1と圧倒的なスコアで制しました。

個人スキルが非常に高く、FBなどの投げ物の練度が非常に高い印象があります。

 

 その中でも私が注目しているのはsen選手です。 

LAN大会で実力を十分に発揮するには過去のLAN大会出場経験が重要になってきます。

sen選手はDeToNator時代にLAN経験があるのはもちろんのこと、

過去CrossFireをプレイしていたときにはHollowMellowというチームで

何度もLAN大会に出ており、世界大会にも行っています。

なので、LAN大会出場経験が非常に豊富です。

加えて、現在はメインで使っていませんが、AWPのスキルでも国内トップクラスです。

 

 また、LAN大会経験で言うとCSO時代にVeliaSで何度も世界大会に出場した

neth選手も脅威ですし、元zxcvのACEプレイヤーoitaN選手、

元MISOのACEプレイヤーRIPablo選手、そしてIGLのスキルが高い

Hornet選手がおり、オールスターチームといっても過言ではないでしょう。

 

 プレイオフ参加チームの中でSZ Absoluteを倒せる確率が一番高いのは

おそらくこのチームです。

 

 

Day2優勝 Reign In Gaming

f:id:eroccsgo:20180917225159j:plain

メンバー

ATR(Entry)

・himajun(AWPer/Lurker)

・Colona(IGL/2nd AWPer)

・1000000(Support)

・Ayanox(Entry)

・ShirleyAstre(sub)

 

 Day1の翌日に行われたDay2はRIGが優勝しました。

RIGはDay1にも参加しており、準決勝でIgnisに14-16で惜しくも敗れていました。

 

 いきなり話が変わりますが、私が国内のCS:GOプレイヤーで最強プレイヤーを

5人挙げろと言われたら、まず出てくるのはSZ AbsのLaz選手とtakej選手、

Ignisのsen選手、私が所属しているAntitheseのaum101、

そしてRIGのhimajun選手と答えると思います。

himajun選手は最近表舞台から姿を消していましたが、

スキルが非常に高く一人で試合を決めることができるプレイヤーです。

少なくともCipangu.GO(2014年の国内No.1チーム)に所属していたときは、

日本はおろかアジアを見てもtop3に入っていたのではないかと思います。

それぐらいにすごいプレイヤーなのです。

 

 また、Colona選手は予選で解説していたSaSRai氏が太鼓判を押すプレイヤーです。

私もColona選手とは何度かチームで一緒になりましたが、AWPのスキルが高いのは

もちろんのこと、頭が良く合理的なCS:GOをします。

 

 チームとしては、Ayanox選手が入ってから間もないものの、多くのmapを

練習している印象があり、予選でのBo1と違いプレイオフのBo3では、

そのmap poolの広さを武器にすることが出来るでしょう。

(まあSZ AbsとIgnisもmap poolが広いですが)

 

 

Day3優勝 SCARZ Absolute

f:id:eroccsgo:20180917225212p:plain

メンバー

・Laz(AWPer/Lurker)

・barce(Entry)

・crow(IGL)

・poem(Support)

・takej(Entry)

・Reita(coach/sub/stand-in)

 

 Day3を勝ち上がったのはSZ Absです。

 Day1優勝候補大本命にも関わらず惜しくも敗れてしまいましたが、

Day3を圧巻のスコアで勝ち上がりました。まさに横綱相撲といった試合内容で

決勝では、Day1で延長戦の末20-22で敗北した、Antitheseを16-11を下しました。

 また、メインメンバーであるpoem選手は体調が理由でDay1とDay3、

両方とも出場せず、coach兼subであるReita選手が変わりに出場したものの、

高い連携力でDay3を危なげなく勝ち上がる様は、流石としか言い様がありません。

 

 どの選手もスキルが非常に高いですが、やはり注目はAWPerのLaz選手・・・

と言いたいところですが、私個人としてはtakej選手とReita選手が注目です。

 おそらくですが、日本で一番撃ち合いが強いのはtakej選手です。

レイオフでは、それを証明してほしいと願っています。

 

 Reita選手はもともとAbsoluteに所属していたり(SZ Absになる前)、

SZ AbsのライバルチームであるALTERNATIVに所属していた実力派です。

私個人としても尊敬しているプレイヤーの一人なのと日本人プレイヤーの中で

おそらく一番CS:GOを理解しているので注目選手に挙げさせて頂きました。

 

 SZ Absはオンライン、オフライン大会問わず経験豊富で、優勝大大本命でしょう。

 

 

Day4優勝 TeamDWFN

f:id:eroccsgo:20180917225223j:plain

メンバー

・Glim(Support)

・Marlmelo(IGL/2nd AWPer)

・Alter(Entry)

・ieyasu(Entry)

・MerRy(AWPer)

・KURO(sub/stand-in)

 

 プレイオフ最後の一枠を決めるDay4を制したのはDWFNです。

Day1、Day2はメインの5人で出ていましたが、

Day3、Day4はieyasu選手の代わりにKURO選手が出場しました。

Day4の決勝では、有力チームである-Nebを4-14というスコアから

13本連続でラウンドを取得し、延長戦の末19-15で大逆転勝利を収めました。

 KURO選手は以前、強豪であったMISOに所属しており(Glim選手も元MISOです)

その実力は折り紙付きです。ですが、subであったことを考えると

その状態でもプレイオフ進出を決めたのは素晴らしいですし、

Day4の決勝を見ていても、何か持っているなと思わされるチームでした。

レイオフで大波乱を起こしてくれることに期待です。

 

 注目の選手はMarmelo選手です。

彼は以前に私が作ったチームに入っており、

そのときからAIMが非常に強い印象がありました。

Day4決勝でも良いところでkillをしていたのでプレイオフ

どのようなプレイが出るのか楽しみです。

 

 チームとしては、KURO選手がsubということもあり、ほかのチームより

連携等の練度が低いかもしれません。(Day4で負けた私が言うのもあれですが)

ですが、若いチームなので勢いに乗ることが出来たら優勝も狙えるでしょう。

 

 

 

 以上がプレイオフ進出4チームの紹介になります。

拙い分ですが、少しでもCS:GOやGGCに興味を持ってもらえたり、

レイオフ観戦をより楽しんで頂けたらうれしいです。

 GGCプレイオフは準決勝が9/29(土)、決勝が9/30(日)に東京の

LFS 池袋 esports Arenaで行われます。現地観戦も出来るみたいなので、

行ける人は現地で行けない人も配信で観戦を楽しみましょう!

(タイムテーブルはまだ公開されていないので公式サイトを要チェック)

 

 それでは!