EROC CS:GO blog

主にCSGOについて書きます

日本代表 Absoluteが11月1日から出場するOMEN Challenger Series 2019をもっと楽しく見れるかもしれない記事

こんばんは、CS:GOチームUpdraftに所属しているEROCと言います。

今回は日本代表 Absoluteが11月1日から出場するOMEN Challenger Series 2019で

Absoluteがグループステージで対戦する相手の情報や注目点を書いていこうと

思っています。

(今大会はオンラインではなくインドネシアジャカルタで行われています)

 

なぜ、このような記事を書くのか簡単に言いますと、LoLに詳しくない自分が

DFMの試合を見たり結果を聞いた時、Splyceに勝利したという事実が

どれほどすごいものなのかをすぐに理解できませんでした。

なので、こういった記事を書くことにより、試合観戦が少しでも楽しく

わかりやすいものになるのではないかと願っています。

それでは行きましょう。

 

1.AbsoluteはグループAに

日本代表 AbsoluteはグループAに配置されました。

同グループ内のチームは以下の通りです

()内には代表国名とHLTV(試合予定や結果がわかるサイトで

サッカーで言うとFIFA的なもの、たぶん)ランキングが書いてあります。

 

Absolute(日本・101位)

Alpha Red(タイ・78位)

BOOMインドネシア・160位)

ikarus(韓国・139位)

Lets's Quit(中国・208位)

Syntaxインドネシア・244位)

 

(ちなむとHLTVランキングはあまり当てにならないです。

なんで乗せたかという話になるのですが、それっぽいからという理由だけです。)

 

 

2.Absoluteの同グループのチームの紹介

次にAbsoluteを除いた各チームの紹介を簡単に行います。

 

Alpha Red(タイ・78位)

タイで1位2位を争うアジアでも有数の強豪チームです。

タイにはLucid Dreamという一時期アジア最強と噂されたチームがあるのですが、

そのチームに対して、かなり戦績がよく実力の高さが伺えます。

このチームとの試合ではAbsoluteの真価が問われるでしょう。

 

BOOMインドネシア・160位)

こちらもインドネシアで上位を争うチームです。

このチームに所属するf0sakeN選手は元Tyloo(現BTR)のxccurate選手の弟で

将来がかなり期待されている選手です。

4月のアジア大会でAbsoluteと対戦しており、その際はbo3(3map2本先取で行う

方式 best of 3の略)で2-0でAbsoluteを下しています。

今回はそのリベンジに期待がかかります。

 

ikarus(韓国・139位)

韓国でBest4には入るチームです。

ただ、現在の韓国シーンはMVP.PKと元MVP.PKのXigNが率いるチームが

シーンを席捲しており、アジアで強いと言えるチームではないです。

また中心的な存在であったRb選手がMVP.PKに移籍しており、

このことも少なからずikarusに影響を与えるでしょう。

 

Lets's Quit(中国・208位)

中国のチームですが、おそらく新設チームでHLTV上でも前情報が

ほとんどありません。

ただ、2日ほど前にこのチームと練習試合をしたときの印象は

"チームプレイを意識している中国チーム"といったものです。

基本的に中国チームは行け行け押せ押せなチームが多い中、

このチームはそれに反して、遅めの試合展開が特徴でした。

ただ一つ言えることは、Absoluteはこのチームに難なく勝つでしょう。

 

Syntaxインドネシア・244位)

インドネシアのチームです。こちらも先述したLet's Quitと同じように

ほとんと情報がありません。

ただ過去の戦績を見るとインドネシアで1位2位を争うBTRに対して

bo3で1mapを取っていたりと決して弱いチームではないことがわかります。

 

以上がAbsoluteと同グループの5チームの紹介になります。

 

 

3.グループステージで注目したいところ

グループステージは6チーム中上位2チームがプレイオフに進出できます。

(A、Bグループ合わせて12チームあり4チームがプレイオフ進出可能)

私が思うにAbsoluteがこのグループを抜けることは難しくないです。

ただ、プレイオフのことを考えると是が非でも1位通過したいところです。

 

なぜなら、おそらくプレイオフはグループA1位 vs グループB2位、

グループA2位 vs グループB1位となります。

Absoluteがいない側のグループBで1位通過してくるのはおそらくオーストラリア代表の

Grayhoudでしょう。このチームは何度も世界大会に出場しており、

今大会出場チームの中でも別格です。

このチームとは出し惜しみがなく全力で戦える決勝で当たりたいため、

グループAを1位通過しなくてはなりません。

 

ikarusLet's QuitSyntaxには95%勝てると思います。

ただAlpha RedとBOOMには厳しい戦いが強いられると思います。

逆のこの2チームに勝つことが出来れば大きな自信となるでしょう。

そして両チームとも上位争いに絡んでくるチームなので、この2チームとの対決は

特に目が離せません。

 

 

4.気になるAbsoluteの試合日程

Absoluteの試合日程はこちらになります。(すべて日本時間)

 

f:id:eroccsgo:20191031211014j:plain

(Absolute様に画像の使用許可は頂いてあります)

 

各配信はAbsolute team overview | HLTV.orgを開いて、

それぞれのMatchページに飛べば見ることが出来ます。

例えばAlpha Redとの試合が見たいとなると、先ほどのURLを開いてから

赤枠を順に押すとTwitch上で試合を観戦することが出来ます。

 

f:id:eroccsgo:20191031114311p:plain

 

f:id:eroccsgo:20191031114430p:plain

 

 

5.最後に

いかがでしたか?これで少しでも皆さんの試合観戦がより良いものになれば

大変嬉しいです。

また、Absoluteがプレイオフに進出した場合、同様の記事を書く予定です。

ちなみに、その記事は既に80%ほど書いてあります。

 

日本チームが海外大会に出場する数少ない機会ですので、全員とは言いませんが

応援できる方は一緒に応援しましょう!

では、またプレイオフの記事で!